幹部紹介

当団体の主な運営を務める幹部の紹介をします。

代表 水島直希 青山学院大学国際政治経済学部2年
弊団体は2008年2月の創設以来、「学生に金融を学べる場」と「企業に学生との繋がり」を提供し「学生の金融リテラシーを向上させること」を通じて「学生から金融大国に」を理念として活動して参りました。弊団体がこうした理念の下、10年以上にわたり活動することができているのは、今迄ご協賛をいただいた公官庁・企業様やご参加いただいた学生の皆様のご支援の賜物と存じております。ここに、心より御礼申し上げます。

さて、弊団体は「学生の金融リテラシーを向上させること」を目標としています。しかし、日本人の金融リテラシーは世界と比較すると、日本がGDP世界第三位の経済大国でありながら、金融広報中央委員会「金融リテラシー調査」[海外調査との比較] (2019) によれば、米国調査やOECD調査との比較いずれにおいても、共通の正誤問題の正答率は日本が米国、英国、ドイツ、フランスを下回るという結果になっています。日本の更なる発展のためには、「金融リテラシー」の向上を目指し、こうした状況を改善する必要があると弊団体は考えます。しかし、こうした「金融リテラシー」は一朝一夕に習得できるものではありません。そのため、長い人生を豊かに送るためには早期から、つまり学生である今から学び始めることが肝要です。

では、「金融リテラシー」とは一体どのようなものなのでしょうか。金融経済教育推進会議が発表した金融リテラシー・マップによれば、「様々な金融商品のリスクとリターンを理解し、自己責任の下で貯蓄・運用することができる」ことを大学生が最低限身に着ける金融リテラシーの一つとして求めています。しかし、日本ではこうした「金融リテラシー」特に、金融商品関連を実際に学ぶ機会は十分とは言い難く、示された内容と現状には乖離があります。

そこで、弊団体は「金融リテラシー」を学ぶ機会を1) 公官庁・企業様と連携したイベントの開催、2) 金融フリーペーパー『SPOCK』の発⾏、3) IRプレゼンコンテストの主催の主に3つを通じて学生に提供し、日本が金融大国になる基盤づくりに寄与して参りたいと思います。

昨今のCOVID-19の流⾏に伴い、こうした活動を通常のように行うことは困難だと予想されます。そのため、弊団体はオンライン勉強会の開催など、感染が拡大しない形でのイベント開催にむけ様々な検討をしてゆく所存です。

最後に、弊団体の活動にご協賛くださる団体・企業様や、少しでもご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらお問い合わせのページからご連絡頂ければ幸いです。
弊団体の発展に尽力して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

学生投資連合USIC 11期代表 水島直希

副代表 折内成 慶應義塾大学商学部2年
投資と聞いて「難しそう」や「危なそう」だと感じて忌避している人も一定数いるでしょう。
しかし、投資を一切行わないことは、リスクにもなり得ます。トマピケティ の「21世紀の資本」では「r>g」の法則が提唱されています。これは金融市場の平均利回りは経済成長率を上回り続けるということを意味しており、労働のみの人と投資をしている人との所得格差は広がり続けるばかりだということです。学生という若い時期から投資に触れ、金融リテラシーを高めることは今後の人生で最も役立つスキルの一つになることでしょう。

USICでは、企業様との勉強会の開催やフリーペーパーの発行、コンテストなど学生同士の交流を深められる場を提供することで学生の金融リテラシーの向上に努めています。
これからもよろしくお願い申し上げます。

学生投資連合USIC 11期副代表 折内成

副代表 坂本稜太 慶應義塾大学経済学部2年
この度新しくUSICの幹部に就任致しました、坂本と申します。本ホームページの管理を行っております。

USICでは学生に対し、金融リテラシーを高めることを目標としています。世の中の仕組み、流れを理解する上で金融からの視点は非常に強力な武器になるはずです。若く、才能のある学生に早くから専門性の高い知識と研究分野を与えることで、学生にとっては大きな成長、社会にとっては有用な人材が投入されるというメリットが見込めると考えます。また金融を深く追求しない学生の場合も、ある程度の基礎的な金融リテラシーによって、その学生のキャリアの手助けになると考えます。

USICでは積極的に意欲溢れる学生に対し、高いレベルでの学習の場を提供し続けると共に、新しく金融を知る学生に対しても最良の機会を与えることに尽力していきます。
また、私個人としても、USICの活動理念の達成、次代への活動の継承に対し、懸命に励んで参ります。
宜しくお願い致します。

学生投資連合USIC 11期副代表 坂本稜太

副代表 都築金龍 慶應義塾大学経済学部2年
この度USICの副代表に就任しました、都築 金龍と申します。

私は親が株式投資をしていたこともあって、子供のころから約8年ほど投資を行っておりますが、その時の経験から特に日本では株式投資や金融といったものに非常にアレルギーを感じる人が多く、私達大学生も同様であるという風に感じました。そんな中で日本の金融リテラシーの低さによる、不誠実な金融商品や金融詐欺が横行しており、更に確定拠出型年金や量的緩和などで、投資というものの重要性が年々増加しております。

 そこで私はUSICにおいて、私達大学生の金融リテラシーを高めるためのコミュニティを作るという目標、理念に共感を得て、自分の経験を活かしつつ金融リテラシーを向上させ、投資をもっと身近にするために、副代表としてUSICの活動をできる限り支えていきたいと思います。よろしくお願い致します。

学生投資連合USIC 11期副代表 都築金龍