【第5回IRプレゼンコンテスト詳細】

2021年2月15日、「第5回大学生対抗IRプレゼンコンテスト」が開催され、12大学による9企業のIRプレゼンが行われました。今年は新型コロナウイルス予防の観点からオンラインでの開催となりました。

審査員は
貝増 眞氏 (公益社団法人日本証券アナリスト協会)
渡部 清二氏 (複眼経済塾株式会社)
の二方が務めました。

各大学と各参加企業の組み合わせは以下の通りです。

大学サークル上場企業
同志社大学株式投資クラブWILLシード
一橋大学投資サークルTOWALYシード
愛知工業大学株式研究会Beckoning catシナネンホールディングス
専修大学株式研究会TAMAGOPCIホールディングス
武蔵大学投資研究サークルFree Fallベステラ
名古屋大学投資サークルLossCutシナネンホールディングス
北海道大学北海道学生投資研究会日本取引所グループ
東京大学株式投資クラブAgentsセック
大阪大学企業投資研究会ディ・アイ・システム
國學院大學投資研究会KISHUフェローテック
慶應義塾大学実践株式研究会ディ・アイ・システム
早稲田大学投資クラブforwardブシロード

大会結果は以下の通りです。

第3位:大阪大学「企業投資研究会」

担当企業 株式会社ディ・アイ・システム

渡部氏は、一般的にわかりにくい会社を全体として非常にうまくまとめていた点を高く評価しておりました。

準優勝:一橋大学「投資サークルTOWALY」

担当企業 株式会社シード

渡部氏は「プレゼンが際立って上手く、プレゼンとしては断トツのNo.1だった」と述べていました。

優勝:國學院大学「投資研究会KISHU」

担当企業 株式会社フェローテックホールディングス

貝増氏は、長期のグラフを使うことで会社の歴史が一目でわかる点、そしてプレゼンに物語性がある点を非常に高く評価しておりました。

結果発表後、フェローテックホールディングスの代表取締役副社長、山村丈氏から「説得力のある内容に加え、ストーリー性もしっかりあって、まだまだ聞いていたい内容だった」とご好評をいただきました。

以下より、今大会のダイジェスト動画をご覧いただけます。

後援 
日本取引所グループ
公益財団法人日本アナリスト協会

協力
株式会社ストックボイス
複眼経済塾
平和不動産

IRコンテストカテゴリーの記事